2008年09月22日

2009 Dodge Viper SRT-10 ACR

Nürburgring Fastest Lap Times.

2009 Dodge Viper SRT-10 ACR
Lap Time - 7:22.1
Driver - Tom Coronel
Date - 18 August 2008

Chrysler conducted test,[1] Motor Trend confirmed, Hardcore Package option, non-stock race seat with a six-point harness, suspension alterations,[2] aero adjustments, video confirmed

今年の6月27日にコルベットが叩き出したニュルの記録が更新されたようですw



コルベットZR1を捲くったのはDodge Viper SRT-10 ACR

viperACR2009.jpg

ACR2009_rearView

8.4リッター、V10のアメリカを代表するスポーツカーのひとつですねw
ただ今回のラップタイムはノーマルのACRではないようです。
とは言えエンジンに手を加えたワケではなさそうで、変更箇所は、
シート、6点シートベルト、サスペンション、それとエアロ関係と発表されているようです。

上の写真を見る限り、カナードも着いてるしリアディフューザーも着いてるし
エアロダイナミクスも十分配慮された設計になっているようなんですが、
これに更に手を入れたんですかね?
マフラーがサイド出しになってますけど、これ、日本で大丈夫なんですか?
あ、大丈夫ですねw
SLRが確かサイド出しですもんねw

ただこのフロントバンパーのカナードやディフューザー(って言うの?)、車検通るのかなぁ?

それと、ニュルでのタイムアタック時のタイヤはなんだったのかも気になります。

08viperacrlive15.jpg

この写真を見る限りミシュランのPilot Sport CUPですが・・・
CUPとZR-1のPS2ではタイヤ性能にちょっと差がありますねw

それにしても7分22秒とはまた凄いタイムを叩き出してくれましたw

ていうか最近のアメ車はどうしちゃったんでしょうかw
コルベットと言いバイパーと言い名だたる名車を凌ぐタイムを連発してますよねw
ケーニグセグやパガーニ・ゾンダって7000〜9000万円もするような車じゃないですかw
確かマクラーレンF1は2億円くらいしましたよねw

コルベットZR1もバイパーSRT-10 ACRも日本ではいくらで売られるのか分かりませんがw
てかそもそも日本で発売されるのかも分かりませんが、それら欧州車と比べれば
圧倒的な費用対効果をもたらしてくれることだけは確かでしょうね♪
posted by HIDE★Z06 at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 車 全般
この記事へのコメント
ACRはサスが固そうで安定してますね。
なるほどこれであの排気量を生かしたトルクと馬力なら速いでしょうね。
ZR1はサスがノーマルっぽく、バンピーなニュルにはあってなさそうですね。底づきもしてるし、比べるのがかわいそう。
Posted by 通りすがり at 2009年01月21日 00:42
サス、そうですね。
コルベットの半世紀にも及ぶ歴史を振り返っても、常にエンジンの性能に比べてブレーキや足回りが弱かったように思います。
現行のZ06でブレーキが大幅に改善され、ZR-1では初めてBremboを採用したりミシュランのタイヤを標準装備にしたりと、やっと世界基準のスポーツカーに到達した感じですね。。。^^;
GM車はノーマルでレーストラックを走れる足回りの車ってないですもんねw
ポルシェのGT3やフェラーリのチャレストみたいに「そのままサーキットを走れる」ようなスペックの設定を追加して欲しいものです。
まぁでも、その前に会社を立て直す方が先ですね。。。^^;
Posted by HIDE★ at 2009年01月26日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19804788
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック